本サイトはプロモーションが含まれています。
PR

【5種類】仮想通貨で不労所得を目指すための方法・始め方

仮想通貨

仮想通貨で不労所得を得る方法について、多くの人が興味を持っています。
今回は、仮想通貨を使った不労所得の方法について、ステーキング、レンディング、マイニング、配当型トークンに加え、積立投資について解説していきます。

仮想通貨とは?

そもそもの話、仮想通貨とは何かについて簡単に説明をしておきます。

仮想通貨とは、インターネット上で発行される電子通貨のことです。
暗号技術によって安全性や信頼性が保たれているため、世界中の人々に利用されています。
代表的な仮想通貨には、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどがあります。

中でもビットコインの影響力は大きく、規制などに負けず今後も拡大していくことが予想されます。
また、昨今の銀行破綻(例えばSVB:シリコンバレー銀行)などでの不信感からビットコインを買う動きもあることからも、『ビットコインは終わり』などということもなさそうです。

しかしながら、価格変動の大きさからリスクについても注意が必要だということを忘れてはいけません。

説明はここで区切りますが、仮想通貨、ビットコインなどについて、さらに詳しく知りたい方は、下の本がおすすめです。

・Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができます。
※無料期間(1か月)以内に退会すれば完全無料となります。

≫Kindle Unlimitedに登録して無料で読む

不労所得とは?

言葉通りですが、一応、不労所得についても簡単に確認しておきましょう。

不労所得とは、労働の対価として得る所得ではなく、資産運用や投資などによって得られる所得のことです。
つまり、自分で働かなくてもお金が入ってくるということです。
投資で不労所得を得ることは、多くの人が憧れることであり、仮想通貨でも同じように不労所得を得ることができます。

そこで、以下でその具体的な方法について見ていきましょう。

仮想通貨の積立投資

積立投資とは、一定の金額を定期的に貯蓄や投資に回すことで、将来的に大きな資産を築く方法のことです。積立では、目標や計画に応じて行うことができます。
例えば、毎月5,000円を仮想通貨に投資することで、長期的な資産形成ができます。

積立投資のメリットは以下の通りです。

まず、毎日や毎週など短い期間で積立てることができます
この方法であれば、平均的な購入価格を下げることができるため、価格変動に左右されにくくなります。
また、購入タイミングや金額を決めておくことで、感情的な判断や迷いを減らすことができます。

さらに、少額から始められるため、初心者でも気軽に始めることができます。
そして、複利効果によって、利息や報酬が増えていくことも期待できます。

仮想通貨は未来のお金と言われています。
そのため、今から積立投資を始めることで、将来的に大きな資産を築くことも不可能ではありません。
また、仮想通貨だけでなく、株式や債券など他の資産と組み合わせることで、リスクを分散させることもできます
これにより、ハイリターンの恩恵を受けつつ、ハイリスクと上手く付き合うことができるでしょう。

繰り返しにはなりますが、仮想通貨での積立投資は、少額から始められるので、初心者にもおすすめです。

仮想通貨の価格変動が激しいため、投資のリスクも高いことに注意が必要ですが、長期的な視点で投資することで、資産形成に繋がる可能性があります。

コインチェックの積立では、初心者でも簡単に積立を始めることができます。
ドルコスト平均法が使われており、自分で取引する必要が無く、したがってトレードスキルも必要としません。
興味があれば、あなたもコインチェックで積立をしてみましょう。

≫コインチェック積立はこちら
≫ドルコスト平均法の解説記事はこちら

仮想通貨のステーキング

仮想通貨のステーキングは、あなたが保有する特定の仮想通貨をネットワークに貢献することで報酬を得ることができる仕組みです。
ステーキングに参加するには、一般的に、一定期間仮想通貨をロックアップする必要があります。
報酬額や頻度は仮想通貨やプラットフォームによって異なりますが、報酬を得ることができるため、不労所得として利用することができます。

ステーキングは、保有している仮想通貨を使ってブロックチェーンネットワークの運営に協力することができるため、ネットワークの安全性や信頼性を高めることができます。

ただし、ステーキングにはデメリットもあります。
例えば、ロックアップ期間中は仮想通貨の価格変動による損失リスクがあることや、報酬に対して税金が発生することなどがあります。
また、ロックアップ期間中に仮想通貨を売却することができないため、流動性が低下し、ロックアップ期間後に解除する際には手数料やペナルティが発生する場合があります。

仮想通貨のステーキングは、仮想通貨の長期保有者にとって有益な手段の一つです。
報酬を得ることができるだけでなく、ネットワークに貢献することで、仮想通貨の価値や信頼性を高めることができます。
ただし、ステーキングに参加する前には、リスクや手数料、ペナルティなどの情報をよく調べて、慎重に判断することが重要です。

国内の取引所ではステーキングの取り扱いが少なく(あるいは停止しており)、難しいのが現状です。
そのため、ステーキングをするためには、一度国内の取引所(コインチェック等)で仮想通貨を購入し、海外の取引所に送金する必要があります。

仮想通貨のレンディング

レンディングとは、自分が保有している仮想通貨を、他の人に貸し出すことで、利息を得る仕組みのことです。
レンディングによって得られる利息は、保有する仮想通貨によって異なります。

レンディングのメリットは以下の通りです。

・保有している仮想通貨を使って、他の人のニーズに応えることができる
・利息を得ることができるため、不労所得として利用できる
・保有している仮想通貨を販売しなくても、利息を得ることができる

レンディングには、リスクが存在します。
貸し出した仮想通貨が返済されなかった場合には、損失が発生する可能性があるため、信頼できるレンディングサービスを利用することが重要です。
また、取引所が破綻した場合も帰ってこないことも考えなければいけません。ただし、このことについては、取引所に限った話ではなく、投資全般(一般の企業)でも共通して言えることです。

国内でレンディングが使える取引所はコインチェックが挙げられます。
通貨を販売所などで購入し、『コインを貸す』という所からレンディングを始めることができます。
※口座開設がまだの方は、下からできます。

≫コインチェックの口座開設はこちら

仮想通貨のマイニング

マイニングとは、仮想通貨の取引を承認し、ブロックチェーンを維持するために、コンピュータの処理能力を使って暗号学的な問題を解決することで報酬を得る仕組みのことです。
マイニングによって得られる報酬は、承認するブロックの数や処理能力によって異なります。

マイニングのメリットは以下の通りです。

・報酬を得ることができるため、不労所得として利用できる
・新しい仮想通貨を発行することができる
・仮想通貨を持たずに、取引を行うことができる

一方で、マイニングには以下のようなデメリットもあります。

・高額なコンピュータや専用マシンが必要になる
・電力消費量が多いため、電気代がかかる
・仮想通貨の価格が下がった場合、投資したコストに見合う報酬が得られない可能性がある

また、ビットコインなど一部の仮想通貨は、マイニングが競争率が高く、マイニングに参加するためには高性能なマシンを揃える必要があります。
これによって、一般的な個人投資家が参加することが難しい場合があります。

大量の電力消費により、海外でも規制の動きが進み、そのことからも手段としてはありますが、なかなか厳しいのではないかと思われます。
そのため、筆者としては上で紹介した、積立やステーキング、レンディングなどの方をおすすめします。

仮想通貨の配当型トークン

配当型トークンとは、ある特定の仮想通貨を保有しているだけで、定期的に報酬を得ることができるトークンのことです。
例えば、ETHを保有している場合、ETHをベースとする配当型トークンを購入し、定期的な配当を受け取ることができます。

配当型トークンのメリットは以下の通りです。

・特定の仮想通貨を保有することで、独自のトークンを受け取ることができる
・配当を得ることができるため、不労所得として利用できる
・取引所で簡単に購入することができる

配当型トークンは、ステーキングやマイニングなどと比較すると、より手軽に不労所得を得ることができる方法の一つです。
しかしながら、配当型トークンの価格は市場の変動によって影響を受けるため、リスクがあることに注意が必要です。

配当型トークンを利用する場合、海外の取引所を使う必要があります。
コインチェックなどから通貨を送金し、海外の取引所で対応する通貨を購入し保有することで始めることができます。

まとめ

仮想通貨での不労所得を得る方法として、ステーキング、レンディング、マイニング、配当型トークン、そして積立投資について解説しました。
それぞれの方法には、それぞれのメリットやデメリットがあるため、自分に合った方法を選ぶことが重要です。
また、投資にはリスクがあるため、自分自身が承知した上で、適切な投資を行うようにしましょう。

取引所の口座開設はこちら

初心者におすすめの取引所としてコインチェックもおすすめします。
コインチェック

タイトルとURLをコピーしました